決算方法 種類 特徴

決算方法の種類と特徴

買い物をしたり何かのサービスを利用したりするときの決算方法はいろいろありますね。現金、クレジットカード、デビットカード、電子マネーなどです。

現金での支払いは、持っているだけの金額しか使えないので、その場で使いすぎてしまうということはありません。ただ、大きな買い物をしたいときに大金を持ち歩くのは、不安ですね。その点、クレジットカードなら現金を持ち歩く必要が無いので便利です。通販で購入するときもクレジットカードが便利です。

ただし、管理をきちんとしないと使いすぎてしまうという危険があります。また、手数料もかかりますので現金で購入するより高くつきます。 デビットカードは、加盟店で買い物をすると、即時にお金が銀行口座から引き落とされる仕組みになっているカードですね。デビットカードは、口座のお金が不足していれば使えないので、クレジットカードの場合のように、使いすぎてしまうということがありません。

申し込みにも審査が必要ないので、クレジットカードを作れない人でも、デビットカードを持つことができます。 ただ、デビットカードは、決算の時に、預金口座と同じ暗証番号を使うので、他の人に見られないように注意する必要があります。また、クレジットカードのようなポイントの還元はなく、あったとしても低い還元率になっています。

利用可能時間も制限されていることがあります。 電子マネーは、カードを端末にかざすだけで決算ができます。暗証番号を入力したりサインをしたりする必要がありません。電子マネーには、使った金額を後からまとめて支払うポストペイ式と、前もって料金をチャージしておき、その額の範囲内で買い物ができるチャージ式があります。ポストペイ式は、チャージの手間はありませんが、使いすぎてしまうということがありますね。その点、チャージ式ならその心配はありません。

電子マネーの決算なら、買い物の時もすぐに支払いができますし、電車に乗るときも、切符を買うために並んだり、行き先までの料金を確かめる必要も無いので、とても便利です。 また、電子マネーはカード式のものに加えて、NTTドコモ、au、SoftBankなどの携帯電話に電子マネー機能を付け使用できる、おサイフケータイというのもあります。ケータイ電話を端末にかざすだけで、買い物をしたり電車に乗ったりできます。おサイフケータイが便利なのは、カード式と違い、携帯電話のネット機能を使いその場でチャージをすることができるということです。 最近は電子マネーの機能もあるクレジットカードやクレジットカードとキャッシュカードそれにSUICAが一体となったカードもあります。買い物も通勤もますます便利になっていますね。